SDGsへの取り組み

SDGsとは

2015年9月に国連本部において「国連持続可能な開発サミット」が開催され、
その成果文書として「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030
アジェンダ」が加盟193ケ国の全会一致で採択されました。その行動計画の目標として「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」が掲げられました。SDGsは17の目標と169のターゲットから成り、2030年
までにこれらの目標を達成するために、企業の参画・貢献も期待されています。

SDGsの17の目標

当社のマテリアリティ(重要課題)の考え方

当社は、「電子記録債権の革新的可能性に最新のIT技術を融合させ、
中小企業・ベンチャー企業に新たな金融のチャンスを提供する」ことを使命としています。

当社は、理念を同一とするSDGsの課題解決を重要な経営課題と捉え、
国際社会で合意された「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献することで、
企業活動の向上と持続的社会の実現に取り組み、創業20周年になる2030年に向けて、
日本の中小企業支援において顧客企業から「最も頼られる存在」になることを目標に掲げます。

マテリアリティ

マテリアリティリスク(マテリアリティへの
取り組みを行わない場合の影響)
機会(マテリアリティに取り組む
ことにより期待される事業機会
関連するSDGs
雇用の
維持・創出
公正な所得、安心できる職場と家族の社会保障、自己啓発と社会的統合のよりよい見通しを提供できる生産的な雇用を誰もが得られる機会が失われるリスク。中小企業・ベンチャー企業へのファイナンス面からの貢献という使命を全うし、当該企業や金融機関からの継続的なサービス利用が期待される。働きがいも経済成長も人や国の不平等をなくそうつくる責任 使う責任
地域貢献国民一人一人が夢や希望を持ち、潤いのある豊かな生活を安心して営める地域社会が失われるリスク。国の発展に寄与することを使命とする当社にとって、地域の活性化に貢献することで、当社の存在感を示す。住み続けられるまちづくりを陸の豊かさも守ろう
インフラ構築人々が普遍的かつ安価で安全で利便性の高いインフラ環境を得られる機会が失われるリスク。顧客が抱える課題を、最新のIT技術を駆使し、利便性の高いサービスを創出することで克服し、当社の価値拡大につながることが期待される。すべての人に健康と福祉を産業と技術革新の基盤をつくろう
持続可能
エネルギー
開発
人々が普遍的かつ安価で安全で利便性の高いインフラ環境を得られる機会が失われるリスク。新たなエネルギー産業を創出するに際し、当該企業が当社サービスを利用することが期待される。エネルギーをみんなにそしてクリーンに気候変動に具体的な対策を
イノベーション
促進
生産性向上や包摂的な経済成長と雇用創出の実現が困難となるリスク。企業の生産性向上に寄与し、当該企業の成長や新しい産業の創出を実現することで、当社サービスが継続的に利用されることが期待される。産業と技術革新の基盤をつくろうつくる責任 使う責任

当社が提供する補助金対応POファイナンス・フレームワークについて

詳しくみる

Transaction Finance

TOPへ戻る